治験 参加するときの注意点と おすすめサイトの紹介

やってみよう


治験モニター募集


こんにちは ヨーコ (@yoko1yoko2)   です。

治験の説明会に行ってきました!!

正直に言いましょう。

 

治験は若者と病気ありの人にぜったい有利!!!

 

でも若くないし、健康な私だって諦めない!!

数は少ないけど、そういう条件の募集だってあるんですから。

そんなサイトだって紹介しちゃいます。

 

治験とは

 

 

新しい「くすり」や「健康食品」が国の承認を得るために安全性や有効性を確認するために行う臨床試験のことです。

薬は国が認めた厳しい基準をクリアしていないと処方や販売が行なえません。 その厳しい基準の1つが治験です。よって治験も同様に国が認めたものとして行われます。

決して人体実験ではないのです。

治験モニター募集

治験の前に

 

私たちが治験を行う前に、治験基準をクリアした治験かどうか、世に出す意義がある薬かどうかなど、様々な基準を元に厚生労働省が事前審査しています。認められたものだけが治験となるのです。

 

治験(3つの段階)

 

承認されるまで3つの段階に分かれます。 それぞれ第1相・第2相・第3相試験と呼ばれています。

 

治験 第1相試験

 

 

健康な方を対象とし、薬の安全性を調べていきます。 身体に吸収されるか、どのように体内を分布するか、代謝はされるか、排泄はされるかといった効果以外の基本的な項目を調べます。

「くすり以外の要素」を均一にする為に健康な方を対象にします。第1相試験は実際に想定される使用量から比べてごくわずかの量のお薬を使いますが採血量がとても多いのが特徴です。

 

治験 第2相試験

 

 

治験薬を必要とされる患者さんを対象としていきます。

どのくらいの量をどのタイミングで服用すると一番効果が得られるのか、一番副作用が少なく安全に使えるのかを調べるのが目的です。

 

治験 第3相試験

 

 

どれだけ効果が優れているかを、治験薬・対照薬・プラセボの3パターンで比較します。

対照薬は治験薬と同じような適用で患者さんに効くとされる薬、プラセボは効果が全く入ってない薬です。それぞれの薬を飲むグループを比べる事で効果を検証していきます。

 

治験で得られたデータが薬の有効性・安全性を信用するに足りうるかを厚生労働省が審査し新薬の承認となります。


治験モニター募集

治験のメリット

 

 

新しい治療の選択肢

 

 

今の薬の治療に満足がいかない場合、新薬の治験に参加することで次世代の薬を使用することができます。

 

負担軽減費

 

 

治験は自分の意志で参加いただくボランティアですが、病院までの交通費・薬代などの負担は 製薬メーカーなどから負担軽減費といった名目で協力費が支払われます

目安ですが

通院:5000~10000円/回

入院:2泊3日×2 90000円・3泊4日×2 140000円など

内容や製薬会社によって金額が変わります。

また、製薬会社の都合で治験が中断された場合、負担軽減費の支払いはありません。

 

社会貢献

 

 

治験によって生み出された薬が誰かの役に立つことになります。治験に参加することは非常に強い社会貢献です。


治験モニター募集

治験のデメリット

 

 

制限がある

 

 

治験内容によっては、食事・喫煙の制限、記録の義務などが設けられているものもあります。

また、入院・通院など時間的な拘束があります。

 

副作用

 

 

安全性は高いのですが、副作用の出現する可能性もあります。

その場合は治験を中止し、治験薬との因果関係が否定できない場合に限り、製薬メーカーから補償を受けることができます。

通院途中の交通事故や入院中の給食による食中毒などに起因した健康被害は対象外です。

また、治療を目的で治験を受けてもプラセボ(効果のない薬)になる場合もあります。


治験モニター募集

治験に参加してみよう

 

 

治験内容や日程が合わない場合もあるので

複数サイトに登録しておきましょう。

登録は無料ですし、自分の意思での参加が条件なので

強制されることはありません。

  1. サイト登録(説明会)
  2. 治験に応募
  3. 事前検査
  4. 治験

となります。

おすすめサイト

JCVN



業界最大手の治験サイトで、多くの治験情報があります

事前説明会があり、健康診断の情報・身分証明書の登録などは当日行えます。

説明会のあとは個別相談もあります。

また同サイトでニキビやアトピーの治験も募集中です。

V-NET



臨床試験受託事業協会に加盟しているサイトです。

臨床試験受託事業協会は、治験参加者の健康維持と安全管理に重点を置いており

加盟しているV-NETも安心して利用できます。

インクロムボランティアセンター

 

治験モニター募集

 

医療法人平心会と提携しているサイトです。

治験は平心会に属する医療機関で行われ、治験に特化し完全予約制となっています。

登録説明会もあり、個別相談も行っています。

病気のある方向きです。

まとめ

サイトで治験内容を調べてみると

圧倒的に「若者」と「病気」の募集が多いです。

残念ながら当てはまる治験がなかった方も

随時募集内容は追加されるので、登録しておくと良いでしょう。

事前説明会に参加することで詳しい説明も聞けますし

応募もスムーズになります。

 

心配な方は日帰りの治験から始めてみましょう。

ただし、手軽な治験はすぐに募集が終わってしまうので

早めに応募してくださいね。

 

実は今日、ひとつの案件に応募しました。

結果が出たら、また書きますね。

コメント