契約時、TATERUに言われた『セットバック』 それって何?

不動産

TATERUアパートを なんとか解約できた ヨーコ  (@yoko1yoko2)    です。

 

TATERUとの契約から解約までは

(TATERU Apartment 契約までの道のり  不動産初心者はこうして泥沼にはまっていく)  (TATERU 改ざん発覚!! 解約になったアパート経営)

こちらをご覧下さい。

 

今回は、契約時に初めて耳にした『セットバック』についてのお話です。

 

セットバックとは

 

現在の建築基準法では建築物を建築する場合、基本的に第42条及び43条において、

その敷地は道路幅4m以上の道路に2m以上接していなければならないことになっています。

道路の幅が「4メートル以上」とされているのは、火災時の延焼を防いだり、

緊急車両の通行路を確保する目的があります。

4m以上の道路に接していない土地は「セットバック」することによって建築可能となります。

道路幅4mに満たない道路は4mになるようにバックしなさいというものです。

基本的には道路の中心線から2m以上離れたところを敷地境界線とします。

 

 

ただし、道路の片側が崖地、川、線路等である場合には、崖地等の側の道路境界線から

水平距離4mとなってしまいます。

 

 

こういった状況の道路を建築基準法では第42条2項において規定しており、

一般的には「2項道路」と呼びます。

そしてこの2項道路の4mの範囲内には、建築物や塀などを造ることを禁止されます。

道路ですので、申告書を提出することで

セットバック部分の固定資産税・都市計画税が非課税になります。

セットバックが必要な物件は、制限があるので割安になる場合が多いです。

 

TATERUコンシェルジュの説明

 

契約時に初めて目にする「土地売買契約書」

何やら土地が3つに分かれています。

1つは広い道路に面した130.6㎡の土地。

もう1つは奥の13.2㎡の土地。

そしてもう1つ、狭い道路に面した部分の土地1.8㎡

これは何?

 

 

TATERU
TATERU

セットバックです。

ここは道路になるので建物は建てられないんですよ。

 

名義は私になるが、建物が建てられないので市に寄付することになると。

 

TATERU
TATERU

1.8㎡だからほんのちょっとですけどね~

 

にこやかに言われ

 

 

ヨーコ
ヨーコ

そうよね。少しくらい建物が建てられない部分があっても

ギリギリに建てるわけじゃないし

 

ヨーコ
ヨーコ

建てられない土地なんだから寄付してもいいわよね

 

 

後になって気づいたこと

 

全ては勉強不足の自分が悪いのです。

でもちょっと冷静に考えてみてください。

土地の面積が減るんですよ。

減った面積で 建ぺい率 や 容積率 が算定されます。

なのに売買代金は変わりません。

元々の値段が安くなっている?

それはなさそうです。

自分の物にならない土地にお金を払ったということです。

 

どうすればよかったのか考えてみる

 

ヨーコ
ヨーコ

セットバックの部分は買わないから

2筆だけにして!!

 

他の事例を見ても、こんなことは言えなさそうです(笑)。

セットバックがあることで、土地を少しでも安く購入出来る可能性はあったのでしょうか。

売買契約書や重要事項説明書を事前に取得できるということも知りませんでした。

契約前にしっかり確認し、納得した上で契約する。

納得できなければ契約しない。

当日、わからないことを言われても同じですよね。

流されず、丸め込まれず、立ち止まる。

それには対抗する知識が必要なんだと実感してます。

 

まだまだ勉強中の ヨーコ  でした。




JPリターンズ

コメント